食事で美味しくダイエット!

タレントのローラさんが実践していることでも人気が高まったココナッツオイルダイエットは、カロリー制限なしで効果が実感できるとのこと。
ダイエット効果を持続させるためにも、話題のココナッツオイルを食事に取り入れて美味しくいただきたいですよね。

 

一般的な食事制限によるダイエット法や炭水化物ダイエットのように、カロリー制限や糖質制限をしなくても良いのには理由があります。
実はココナッツオイルの油に含まれる中鎖脂肪酸は、通常の食用油などに含まれる肥満の原因となる飽和脂肪酸とは全く別物。
この中鎖脂肪酸は、エネルギー代謝を活発にするとともに、体の中の脂肪を燃えやすくするケトン体の生成を促進します。
その効果によって、無理な食事制限をすることなくダイエットでき、女性の強い味方となってくれるのです。

料理への取り入れ方

 

美味しく楽しくダイエットを続けるために、ここではさまざまな料理への取り入れ方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
あなたは、朝食はパン派ですか?ご飯派ですか?
パン派の方におすすめなのは、トーストにバター代わりにココナッツオイルを乗せて食べる方法。
こんがり焼けたトーストに乗せるとココナッツオイルがスーッと溶けていきます。
香ばしいパンとほんのり香るココナッツの組み合わせは絶妙です。
ご飯派の方はお味噌汁に入れるのがオススメです。
意外な組み合わせですが、驚くほどしっくり馴染むので、違和感なくおいしく食べられます。

 

その他、朝食といえばスムージーというあなた。
もちろんココナッツオイルはスムージーにもピッタリです。
バナナと牛乳、プレーンヨーグルトにココナッツオイルを大さじ1加えてミキサーにかけます。
バナナにはビタミンCやカリウムが豊富に含まれる他、腸内のビフィズス菌を増やす食物繊維も豊富なのでお腹にも優しく便秘予防も期待できます。
シンプルな食べ方をする場合、味や品質がダイレクトに口に届きます。
そんな時は、有機エキストラヴァージンココナッツオイルなど上質なものを使ってみてください。

 

朝食だけでもこれだけ多様な取り入れ方がありますが、それ以外にも方法はたくさん。
和食から洋食、中華料理に至るまで、炒め物や煮物などに取り入れるのはもちろん、ケーキやクッキーなどのお菓子、コーヒーなどの飲み物にもココナッツオイルをスプーン1杯程度入れてみてください。
ココナッツの風味が料理のアクセントになってくれます。
中でもカレーのようなスパイシーな料理との相性はバツグン。風味がまろやかになります。
どうしても臭いが気になる人は、無臭の商品も販売されていますので試してみてください。

おすすめレシピ

雑誌「クロワッサン」や「Mart(マート)」など、主婦の方に人気の女性誌にもココナッツオイルを使ったレシピが紹介されています。
使い方は多岐に渡りますが、おすすめしたいのは毎日気軽に作れるような簡単レシピ。
ここでは、その中でもほとんどの家庭の冷蔵庫に必ずあると言える「卵」との組み合わせレシピをピックアップしてお届けします。

ココナッツオイルのオムレツ

朝食に作ってみたいのは『ココナッツオイルのオムレツ』。
サラダ油の代わりにココナッツオイルを使うだけでOKなので、とっても簡単に作れます。
雑誌ではアボカド、パプリカを使用していますが、具材は好みに合わせて入れられる上に、違った食材を使えば毎日でも食べられます。

ココナッツオイルオムレツ

ココナッツオイルオムレツレシピ01

ココナッツオイルオムレツレシピ02

エッグスムージー

忙しい朝や、どうしても食欲がないときにオススメなのは『エッグスムージー』。
作り方は、卵・パイナップル・ココナッツオイルの3つの食材をミキサーに入れて回すだけ。
食材は加熱せず生のまま使うので、成分を壊すことなく栄養素をしっかり体内に取り込めるのもポイントです。

ココナッツオイルスムージー

ココナッツオイルスムージーのレシピ

 

ココナッツオイルを使った効果的なダイエット方法はコチラ>>