選び方の注意点

ココナッツオイルには、製法によりいくつかの種類があります。
最も高品質で優れた効能があるとされているのは、圧搾方法の中でも発酵分離か遠心分離で一番搾りしたエキストラヴァージンココナッツオイル。
品質が高いものほど、ダイエット効果も高いと考えられています。

 

植物の油を精製する際には高温処理が施されていたり、水素添加を行っていたりして、トランス脂肪酸を含んでいる可能性があります。
これはココナッツオイルも例外ではありません。トランス脂肪酸は健康な体を維持するために必要な成分は入っていません。

 

効果的にダイエットをしたいという方は、精製の方法や安価なものよりも品質にこだわった商品を選ぶのがおすすめです。
メーカーによって、製造工程や味・香りも異なるので、口コミなども参考にいくつか試してみて自分にあった商品を選んでください。

体質による注意点

ココナッツオイルが合わない体質の方もいます。
体が拒否反応を示したらすぐに使用を控えてください。

 

また、体質によってはニキビや黒ずみの原因となることがあるので、特に顔のTゾーンには使用しない方が無難です。

アレルギーのある方

ナッツアレルギーのある方がココナッツオイルを摂取すると、湿疹や下痢、皮膚炎を引き起こすこともあります。
まずは炒めものの油に使用したり、コーヒーなどに混ぜて少量から試すことをオススメします。

 

肌に直接塗って使う場合は、事前にパッチテストなどでアレルギー反応がないか確かめて使うと安心。
荒れた肌に繰り返し塗ることで、体がココナッツをアレルゲンと認識するようになるケースもあります。

 

アレルギー体質の方だけでなく、普段から肌の弱い方はスキンケアとして使用するのは控えた方が良いと言えます。

成分による注意点

ココナッツオイルは飽和脂肪酸が含まれていて、その中でも中鎖脂肪酸が豊富。
中鎖脂肪酸は体内にたまらず、すぐに使えるエネルギーであるケント体を肝臓で作り出します。
これが体質によっては口臭や体臭の原因になるケースがあるので、過剰な摂取は避けるようにしてください。

 

脂肪になりにくいとはいえ、ココナッツオイルにはそれなりのカロリーがあります。そのため過剰摂取はカロリーオーバーになります。

 

また、このココナッツオイでのケトン体ダイエットのやり方で気を付けなくてはいけないのは炭水化物の糖質です。
ケトン体は食事で摂取した糖質ではなく、脂肪を燃焼します。
炭水化物を普段と同じように摂取しているとケトン体の生成が鈍くなり効果が感じられないことがあります。
ほどほどにを心掛け、適量を摂取するようにしてください。

 

ココナッツオイルを使った効果的なダイエット方法はコチラ>>