摂取量と効果の関係

美容と健康に良い上にダイエット効果も高いからと「食べたら食べただけ効果も高くなるのでは…」なんて考えていませんか?
しかし、残念ながらココナッツオイルをたくさん食べてもダイエット効果がその分だけ高まるということはありません。
確かにココナッツオイルに含まれる成分はエネルギー源に変わりやすいとはいえ、摂りすぎるとカロリーオーバーになることもあるので注意してください。

 

ココナッツは南国の紫外線の多い環境で育つため、ビタミン類やマグネシウムなどが豊富に含まれています。
その中でも、特に効果があるとされているのは精製されていないヴァージンココナッツオイルです。
ヴァージンココナッツオイルは、飽和脂肪酸の中でも中鎖脂肪酸やラウリン酸を含んだ油。
ラウリン酸は母乳にも含まれる成分で、人の免疫力を高めて老化を防止し美肌を保ちます。
中鎖脂肪酸は体内でケトン体を生産して脂肪をエネルギーに変えてくれる働きがあります。

 

人は普段の食事で炭水化物を摂取して糖質をブドウ糖に変え、それをエネルギー源として動いています。
肝臓でできたケトン体は糖質ではなく脂肪をエネルギーに変えてくれるため、体内に貯め込んだ体脂肪も燃やしてくれます。
炭水化物を控える糖質制限ダイエットを組み合わせるとより効果は出ますが、ココナッツオイルを食べるケトン体ダイエット方法だけでも十分な効果が見込めます。

 

無理せずダイエットを続けるには、摂り過ぎに注意つつ適量のココナッツオイルを摂取し続けるのがおすすめです。

具体的な摂取量

ココナッツオイルの1日の摂取量の目安は大さじ2〜4杯程度といわれています。
ドレッシングの代わりやコーヒーに混ぜるなど、2杯を目安に4杯までの範囲でその日の自分の体調などもみながら食べる量を調整することをオススメします。
ただし、12歳以下の使用は大さじ1杯以下にとどめておいてください。

 

もちろん、その日の体調によって摂取する量は異なりますし、個人差もあります。
あまりたくさん食べ過ぎるとお腹が緩くなる方もいます。
初めての場合は、大さじ1杯程度から始めて、日数を経るごとに少しずつ量を増やしていってください。

 

ココナッツオイルダイエットを始めたからといって、数日で劇的な変化が見られるわけではありません。
しかし地道に続けていると、ふとした瞬間にダイエットできている自分の体に気付きます。
千里の道も一歩から、焦らず気長にトライしたいですね。
理想の体を思い描きながら楽しく体脂肪を減らして美味しくココナッツオイルを摂ってください。

 

ココナッツオイルを使った効果的なダイエット方法はコチラ>>