ダイエットに効果的な理由

ココナッツオイルにダイエット効果があると言うと、「え!? ダイエット中なのにオイル(油)を積極的に摂っていいの?」と驚く方がたくさんいます。
その秘密は、サラダ油などの植物性油との脂肪酸の違いにあります。

 

サラダ油を代表とする一般的な植物性油に含まれているのは“長鎖脂肪酸”という脂肪成分。
この成分は、体に取り入れると脂肪や筋肉に蓄積され、その後は必要に応じてエネルギーに変化します。
しかし、燃焼スピードが遅いので長い時間体内に脂肪が留まることになってしまいます。

 

それに対して、ココナッツオイルに含まれるのは“中鎖脂肪酸”という脂肪成分。
この成分は、体に留まりにくい性質を持つため、吸収されてから脂肪が燃焼するまでの時間が早く、体内に蓄積されにくいのです。

 

体脂肪をエネルギーに変える働きも活発なため、体脂肪が燃焼されやすく脂肪がつきにくい体質になるのも魅力のひとつ。
長鎖脂肪酸と比較すると、中鎖脂肪酸は消化吸収率が約10倍も早く中性脂肪になりにくいため、ダイエットに最適のオイルといえるのです。

 

また肉類や乳製品に含まれる高カロリーで動物性の飽和脂肪酸とは違い、ココナッツオイルは低カロリーで植物性の生の飽和脂肪酸でできています。
他のさまざまなオイル類に比べて、カロリーが低いのも大きな特徴です。

効果アップの組み合わせ

糖質制限とココナッツオイルを組み合わせたやり方なら、さらなるダイエット効果アップが期待できます。

 

ダイエット中は糖質制限のため、特に糖質成分が多く含まれる米や小麦などの穀物、砂糖などの炭水化物を避ける方がたくさん。
食事から摂取する糖質は、体内でブドウ糖に分解されてエネルギーとなり、人間の活動の源となる大切な物質。

 

しかし、現代の食生活ではジュースやお菓子をはじめとするさまざまな食べ物に糖質が含まれており、過剰摂取になりがちです。
そこで糖質制限をして体の飢餓状態をわざと作り出すことで、体内に溜められていた体脂肪が肝臓で分解され、ケトン体を作り出す働きを促します。
このケトン体は、ブドウ糖と同じように人間の活動原となるエネルギーを生み出す物質で、体内の脂肪燃焼を促すのでダイエットに繋がるのです。

 

そんな糖質制限ダイエット中に、ココナッツオイルを取り入れるのがオススメ。
ココナッツオイルは体内に入ると肝臓ですぐにケトン体に変わるので、体脂肪からケトン体を作り出す回路が活発になり、脂肪の燃焼を促しダイエット効果を発揮します。

 

ふたつのダイエット方法を上手に組み合わせて、無理せず楽しく美ボディメイクを目指してみてください。

もっと効果がほしいならコレ!

ココナッツの香りを楽しみたい人や体にいい成分をより多く摂取したい方には、未精製であるエキストラヴァージンココナッツオイルがおすすめです。
精製しているココナッツオイルはトランス脂肪酸が含まれており、体にいい成分は減少してしまいます。

 

エキストラヴァージンココナッツオイルは、有効成分が多く残っているため、直接摂取するのが最も効果的です。
具体的に例を挙げるとするなら、代表的なのがコーヒー。
カフェインにも脂肪燃焼効果があるので、ココナッツオイルとコーヒーの2つを組み合わせることが、ダイエットにも相乗効果が期待できます。

 

温かい飲み物に加えたり、料理に使用したりと、幅広い使い方ができるのも嬉しいですね。
オイルの中でも特に熱に強く高温で使用しても成分が崩れることがないので、加熱調理の際に優れた力を発揮してくれるのもポイントです。

 

ココナッツオイルを使った効果的なダイエット方法はコチラ>>